ウィジットの場所と設定方法(広告の設置方法)

スポンサーリンク

WordPressテーマ「TRIO」には、ウィジット機能が設置できる場所が9箇所(+広告用枠6箇所)用意されています。お好みの場所にウィジットを利用して簡単にカスタマイズができます。

9箇所のウィジットエリア

  1. サイトバー上
  2. サイトバー中
  3. サイトバー下
  4. フッター左
  5. フッター中
  6. フッター右
  7. 記事上
  8. 記事下
  9. アーカイブ下

 

ウィジットを利用したGoogle AdSense広告の簡単設置方法

ウィジットを利用すると、Google AdSenseなどの広告がコピー&ペーストで簡単に設置可能です。

Google AdSenseへ行く(Googleアカウントを持っていない場合は取得してから)

 

②「広告の設定」から「新しい広告ユニット」ボタンをクリック

Google AdSense設定
(Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています)
 

③広告の名前・サイズ・タイプを設定をして保存してコードを取得

広告の設定__Google_AdSense
(Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています)

1)名前は、わかりやすい好きな名前を。

2)サイズは「レスポンシブ」がおすすめ。勝手にスマホ対応してくれます。

3)タイプは「テキスト広告とディスプレイ広告」

全て設定したら、「保存してコードを取得」をクリックします。
 

④コードをコピー

作成されたコードをコピーします。

⑤WordPressのメニューからウィジットを選択
ウィジットから広告の設定
WordPressのダッシュボードへ行き、右のメニューから「外観」→「ウィジット」を選びます。

広告を設置したいウィジットの箇所へ「テキストウィジット」をドラッグ&ドロップで設置します。
ウィジット名に「広告」が付いているウィジットに設置すると、各記事の投稿画面で「広告非表示」にチェックを入れた場合に、非表示になります。AdSense以外の広告との両立に便利だと思うので活用してみてください。

タイトルを「スポンサーリンク」または「広告」にします。(スポンサードリンクはGoogle規約違反なので不可

内容に、④でコピーしたコードを貼り付けたら、「保存」をクリックして完了です。

正しく広告が表示されるか確認してみてください。
新しく作成した広告の場合、最初の表示まで時間が掛かるので、すぐに表示されなくても焦らないでくださいね。時間を置いてから確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

マニュアル 

この記事と一緒によく読まれています!