WordPressで簡単に翻訳して多言語対応する方法

スポンサーリンク

WordPressで簡単に翻訳対応する方法は2つあります。2つのメリット・デメリットと難易度についてご紹介していきます。

その1 プラグインで翻訳対応する方法

多言語対応プラグインをインストールすることで、対応する方法です。無料の多言語対応プラグインは、2つあります。

①Bogo

お問い合わせプラグインとして世界中で利用されているContactForm7を作られたTakayuki Miyoshiさんが作成されたプラグインです。

日本語なのでわかりやすく、またWordPressのコアファイルの多言語対応部分を活用したプラグインなので、多言語のためにデータベースにテーブルを作ることなく動きます。

仕組みとしては、各言語ごとに各1ページずつ記事を作成していきます。ウィジットやショートコードで言語スイッチャーが用意されているので、言語スイッチャーで他の言語を選ぶと、紐付いた多言語の同記事へ飛ぶようになります。

②qTranslate X

こちらのプラグインも、各言語ごとに記事を作成し、言語スイッチャーで他の言語を選ぶと、多言語の同記事へ飛ぶよう紐付けられるプラグインになっています。Bogoと異なる点は、言語ごとに1ページ作成されるのではなく、記事内でタブで切り替える形になります。

言語でタブを切り替えるスタイルですと、編集作業は楽になりますが、他のプラグインとの相性が気になります。また、将来的に言語別にサイトを分けるときに、URLが複雑になってしまっていて引き継ぎが困難になると予測できます。ずっとqTranslate Xを使い続けるならいいのですが、サイトが大きく成長したら有料プラグインを使うとか、言語別にWordPressを分けるとか少しでも考えているなら、あまりお勧めできません。

Webクリエイターボックスさんで、qTranslate Xでサイトの速度が遅くなったとの記事も参考にしてみては。

日本人なら、Bogoの方が使いやすく、他のプラグインとの相性もあまり気にせずに使えるのではないでしょうか。qTranslate Xの方では、タイ語・简体中文は基本言語で用意されていなかったので追加しようとしましたが、Bogoのように、1クリックだけで完了することはできませんでした。

プラグインで多言語対応すると、言語ごとにきちんとページを分けるので、きちんと翻訳された記事を公開することができる点がメリットであり、その分、手間が掛かる点がデメリットと言えるでしょう。

自動翻訳で多言語対応する方法

①Googleの自動翻訳機能を利用して多言語対応する方法もあります。Googleサイトへ行き、「今すぐウェブサイトへ追加」ボタンをクリックします。

②利用するサイトのURLを入力し、言語を選びます。
GoogleでWordpress多言語対応

③対応したい言語にチェックを入れます。
GoogleでWordpress多言語対応

④表示形式を選び、詳細設定から該当する部分にチェックを入れておきます。「コードを取得」ボタンをクリックすると、コードが発行されるので、コピーしてWordPressのテキストウィジットにペーストしたら終わりです。サイトに言語スイッチャーが追加され、他の言語を選ぶと自動翻訳で表示されます。
GoogleでWordpress多言語対応

GoogleでWordpress多言語対応

Google翻訳を利用した多言語対応のメリットは、その簡単さ。5分もあれば多言語対応が完了します。ただ、マルチリンガルな知人のサイトで提案したところ、やはり自動翻訳では限界があるようです。どの言語の方にも、意図したニュアンスで正しく正確に伝えたくても、現時点では対応できていない点がデメリットですね。

多言語対応は、簡単そうに見えて奥が深い部分です。依頼された時にお客様に「簡単にできますよ」などという失言をしてしまうと自分の首を絞めますので、お気をつけ下さい。

スポンサーリンク

逆引き辞典 

この記事と一緒によく読まれています!