JQuery/bootstrap/Webフォントの最新版CDN確認方法

スポンサーリンク

Boootstrap、JQueryなど最新バージョンのCDN保管場所の確認方法をまとめました。

サイト構築にBootstrapなどのフレームワークやJQuery、Webフォントを利用することがスタンダードになりました。ダウンロードして使用するより、CDNで読み込んだ方が、バージョン変更も簡単ですね。

Bootstrap・Jquery・FontAwsome・Googleフォントなど、サイト制作やWordPressのテーマ自作時によく利用するCDNの最新版を確認できる場所一覧です。

Bootstrapの最新バージョンとCDN確認方法

Bootstrapの最新版の使い方は、全て公式サイトで確認ができます。公式サイトのCDN欄をコピペするだけです。

Bootstrap公式サイト Getting Started

MaxCDNのサイトでも確認ができます。
BootstrapCDN

JQueryの最新バージョンとCDN確認方法

JQueryの最新バージョンとCDNは、Jquery公式サイトやGoogleライブラリで確認と読み込みができます。

JQuery公式サイト jQuery CDN – Latest Stable Versions

Googleライブラリ JQuery

FontAwesomeの最新バージョンとCDN確認方法

FontAwesomeのCDNは、BootstrapCDNのページで確認ができます。公式サイトでは、メールアドレスを入力しないとコードがもらえないので、こちらの方が簡単ですね。

BootstrapCDN

Googleフォント利用方法

Googleフォントは、公式サイトで利用したいフォントを選ぶだけで、貼り付けられるコードが生成されます。簡単ですね。

Googleフォント

日本語フォントのNoto Sans JPは、上のページでは検索しても見つかりませんが、こちらのGoogleフロントページで各人ができます。

Googleフォント Noto Sans JP

スポンサーリンク

逆引き辞典 

この記事と一緒によく読まれています!