テーマカスタマイズ用の子テーマサンプル

スポンサーリンク

テーマカスタマイズに必須の子テーマのサンプルとファイルセットをダウンロードできるようにしました。サンプルは無料配布しているここのブロガー向けテーマ「TRIO」用の子テーマとなっていますので、そのままテーマのカスタマイズに利用できます。

テーマカスタマイズに必須なのは2ファイルだけ

子テーマに最低限必要なのは、style.cssとfunctions.phpの2つのファイルだけです。この2つのファイルがあれば、WordPressで子テーマとして認識されます。
WordPressのテーマ画面で、「テーマが壊れています」というエラーとなってしまう場合には、次の項目を再チェックしてみましょう。

  • ファイル名が正しいか
  • Templateに親テーマの名前が正しく書かれているか

子テーマstyle.cssファイルのコードサンプル


/*
 Theme Name:   trio-child
 Theme URI:    https://demo.kimoba.com/
 Description:  salon Child Theme
 Author:       Kimoba
 Author URI:   https://demo.kimoba.com/
 Template:     salon
 Version:      1.0.0
 License:      GNU General Public License v2 or later
 License URI:  http://www.gnu.org/licenses/gpl-2.0.html
 Tags:         grid-layout,two-columns,custom-colors,custom-menu,custom-logo,theme-options,two-columns,right-sidebar,footer-widgets
 Text Domain:  trio-child
*/

Theme NameとTemplateは必ず必要です。その他の項目は必要なければ削除しても大丈夫です。

Theme Name

子テーマの名前をつけます。お好きな名前をどうぞ。一般的には、親テーマの名前にchildを付ける場合が多いです。

Template

親テーマの名前をここに書いておきます。上手く読み込めない場合は親テーマのフォルダ名になっているか確認してみてください。

子テーマfunctions.phpファイルのコードサンプル

テーマカスタマイズで、関数を追加したい時には子テーマのfunctions.phpファイルに追加していきます。functions.phpファイルは、親のfunctions.phpファイルを読み込んでから子テーマのfunctions.phpファイルも読み込まれるので、子テーマには、追加したい処理だけが書かれている状態が正しいです。
処理は、最終行の「?>」の上に追加していきます。

サンプルコードに書かれているのは、「親テーマのstyle.cssを見に行くこと」を命令しているコードです。この部分は子テーマで必ず必要なので、残したままにしてください。


<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
 wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
 
}
?>

子テーマ必須のファイル以外のカスタマイズ方法

子テーマに必須の2つのファイル(style.css,functions.php)は、どちらも親テーマの同一ファイルを読み込んだ後に読み込まれるので、追加したい処理だけをファイルに記述します。

この2つのファイル以外は、子テーマに同じ名前のファイルがあったら、子テーマのファイルだけを読み込みます。index.phpファイルをカスタマイズしたい場合は、親テーマのindex.phpファイルを子テーマのフォルダにコピーしてから、ファイルの内容を追加したり修正したりしていきます。

スポンサーリンク

逆引き辞典 

この記事と一緒によく読まれています!